image



美容師の転職

はい。

今日も言いますよー。


「美容師は辞めたほうが良いですよー。」



特にまだ若い方!


30歳を過ぎると、

本当に遅くなってしまいます。



冷静になって周りを見渡して下さい。


30歳以上の美容師って痛い人、多いですよね?


彼らの活躍の場は・・・


はい。そうです。


沢山の美容師が集まる講習会です。

そこで、講師・先生にどうでも良い事をあたかも自分のほうが知っているかの様に、

質問しまくる

おじさん、おばさん、美容師です。


講師・先生も苦笑い状態。


その雰囲気を感じる事が出来ないので、もちろん、指名客もほとんどいません。

「美容師は、技術が一番だ!」

と言って、ヴィダルサスーンのヘアカット技術にこだわる。

あの時代錯誤な感じが気持ち悪いですな~。



そして、

なぜか、常に講師・先生に喧嘩腰で。


「そんな事、わざわざ聞かなくても良くない?」


って事まで質問しまくる。


あれって、何なんでしょうね?


痛いですよねー。


自店のスタッフに対してのアピールでしょうか?


「俺、(私)スゲーだろー。」


って。


あんな感じにはなりたくないモノですね。


せめて、講習会の講師・先生側にならなきゃ。


あれが、バカ美容師の典型です。


いい年こいて、25万円の給料で若いスタッフと同じ様に働いて、

見た目だけ若くて、原チャリ通勤・・・

大して指名数が多いワケでもなく、裏で若いスタッフに馬鹿にされている人です。

そんな人いませんか?


ああはなりたくないですよね。


もう終わりですよ。





でも、美容師を続けていたらどうしたって あんな風になっちゃうんです。

独立せずに、美容室で雇用されながら頑張っていても結局、行きつく先は同じです。


美容師が楽しいのは、20代前半まで。


後は、下降線をたどります。


あっと言う間ですよ。


ただただ頑張っていても仕方がないのです。


なぜ、未来が分かるのに無駄な事をやり続けるのでしょうか?


まあ、考えるのが面倒臭いからなのでしょうね。

考えましょう。

想像しましょう。

10年後、どうなっていますか?


私はこんな風に考えるようになりました。


「他人の髪型なんて、本当にどうでもいいわーー!」


って。

もう、こうなれば終わりです。

美容師なんてやっている意味すら分からなくなりますよね。

だから、とっとと辞めて他の道に進んだのですけどね。






1人営業の美容室オーナーなら良いですよ。


1人営業をしている美容室オーナーさんは、若干楽しそうですがね。

私は1人営業の美容室経営ならおすすめします。


ちゃんとやっていけますよ。

1人なので気楽ですしねー。


その代わり、スタッフは雇わない事!

スタッフを雇うとなると、また、色々と面倒なので。


自分が働きたくない!という美容師さんには出来ませんけどね。

美容師が大好き!っていう美容師さんなら良いですよ。


それなりに儲かりますしね。






どんな業種が良いの?

まあ、一つですね。


やはりIT業界がおすすめです。


PCを使って仕事をしている人達がいる業界です。


これからも伸び続けます。


ネット業界は、どんどん進化していきますので。


それでいて、人手不足でもありますしね。


特に、エンジニア、プログラマー。


何かを作る人達です。


これって、美容師と同じ感覚なんですよ。

技術者です。


だから、美容師に向いているんです。


ず~っと続けられますしね。


独立もワリと簡単にできます。


そして、何よりもお金を稼ぐ事が出来ます。



お先真っ暗な美容師



先が明るいIT技術者。



さ~、どちらを目指しますか?


ちなみにプログラミングはタダの知識です。


「決まり事を覚えて、出力して形にする。」


基本的に覚えてしまえばそれでOKです。


あとは、自分のアレンジ次第で何でも作れちゃうのが面白いですよね。


スマホアプリだって、全てプログラミングです。

ブログ、ホームページだって、一種のプログラミングです。


もし、興味があるなら専門のオンラインスクールで習ってみると良いですよ。


美容学校の様に何百万円もお金が掛かると言う事もありませんのでね。






IT技術者になれば・・・


美容師の様に毎日、無駄な技術練習なんてする必要はありませんよ。

尊敬出来ない先輩美容師に、

「あーだ、こーだ。」

言われる事もありませんよ~。